/

この記事は会員限定です

現場から人が消える 人手不足・新次元(ルポ迫真)

[有料会員限定]

10月下旬、神奈川県小田原市の工業団地内。誰も乗っていない複数の重機が突如、轟音(ごうおん)とともに動き出した。ダンプトラックが積んでいた55トンの土砂を降ろすと、ブルドーザーが間髪入れずその上を往復。さらに転圧ローラーが土を固める作業を引き継いだ。

ゼネコン大手、鹿島が重機を自動制御し、1人で土木工事を進める技術を開発しているのだ。重機類は100メートルほど離れたところから、専用プログラムを組み込ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン