/

GE、最終赤字2兆5700億円 電力事業で巨額損失

【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・エレクトリック(GE)が30日発表した2018年7~9月期決算は、最終損益が228億ドル(約2兆5700億円)の赤字だった。電力部門で減損損失を計上した。金融に続き屋台骨の電力でも損失が広がり、苦境が深まっている。

同社の四半期の赤字額としては過去最大。9月にテキサス州の発電所で起きたガスタービンの不具合に関し、補償費や修理費がかさむ。15年に97億ユーロ(約1兆2500億円)で買収した仏アルストムのエネルギー事業ののれん代の減損も合わせ、電力部門で222億ドルの減損損失を計上する。

売上高は4%減の295億ドル。四半期配当を1株0.12ドルから0.01ドルに減配する。電力部門を不具合が発生したガス火力と、原子力を含むその他に分割することも発表した。18年12月期通期も過去最大の最終赤字となる見通しだ。

今月1日の就任後、初の決算発表となったラリー・カルプ最高経営責任者(CEO)は「GEの実力とはほど遠い結果だ。電力部門と財務の改善が私の最初の100日の優先事項だ」とコメントした。

GEは17年10~12月に保険事業の評価損や人員削減などのリストラ費用によって約1兆円の最終赤字に陥った。ジョン・フラナリー前CEOは稼ぎ頭のヘルスケア部門の分離を発表するなど財務の立て直しを進めたが、電力部門で巨額損失が避けられない見通しとなり退任に追い込まれた。後任のラリー・カルプ氏は米産業機械大手ダナハーの元CEO。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン