氷菓のセイヒョー、冬需要増で工場フル稼働
(信越ビジネス最前線)

2018/10/30 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コートが手放せない季節がやってきた。創業102年の老舗氷菓メーカー、セイヒョーにとっては、最需要期の夏が終わり一息つく頃。しかし今年は、そうも言っていられない。「冬アイス」ブームを背景に、OEM(相手先ブランドによる生産)の受注が増えているためだ。冬場にも工場をフル稼働し、需要の増加に対応していく。

商品の生産を一手に担うセイヒョーの新潟工場(新潟市)。今夏は記録的な暑さで氷菓の販売が伸び、連日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]