/

いすみ鉄道、公募の社長内定 香川のタクシー会社会長

いすみ鉄道(千葉県大多喜町)は30日、公募していた新社長に香川県内のタクシー会社会長を務める古竹孝一氏(47)が内定したと発表した。交通にかかわる事業での経営手腕や人脈を評価した。11月7日の臨時株主総会と取締役会で正式決定し、就任する予定。任期は原則2年。

古竹氏は現在、香川県高松市在住で、就任までに千葉県内に転居する予定。日本大学大学院を修了し、日新タクシー(高松市)の代表取締役会長を務めている。高松琴平電気鉄道(高松市)と協力し、複数のイベントを実施した経験と企画力も期待されている。

7月末から始めた公募には、県内外の40人が応募。一次の書類審査で5人に絞り込み、役員らによる面接で決めた。今回の公募は前社長の鳥塚亮氏が任期満了で退任したことに伴い実施。現在は筆頭株主である千葉県の高橋渡副知事が暫定的に社長を務めている。

第三セクターのいすみ鉄道は大原(いすみ市)―上総中野(大多喜町)間を結ぶ。民間出身社長の公募は今回で3回目。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン