/

この記事は会員限定です

建設業も働き方改革、3D設計や360度カメラで省力化

[有料会員限定]

建設会社が働き方改革に力を入れている。矢作建設工業が3次元(3D)設計を使い、完成図を共有して効率化を目指すほか、安江工務店は工事現場で周囲の360度を撮影できるカメラを活用して省力化している。建設業は特に人手不足感が強く、八洲建設(愛知県半田市)が完全週休2日制を導入するなど働き方改革を進め、人材獲得にもつなげようとしている。

中部を地盤とするゼネコンの矢作建設は設計図面をもとに建築物の完成予想図を3Dで表示するシス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り618文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン