最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,451.86 -21.06
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,460 -30

[PR]

業績ニュース

トヨタ系中堅5社、18年4~9月期 3社が経常減益

2018/10/30 20:29
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車系の中堅部品メーカー5社が30日発表した2018年4~9月期(上期)の連結決算はフタバ産業愛三工業大豊工業の3社が経常減益だった。台風や9月の北海道胆振東部地震などの影響で完成車メーカーの生産停止が響いたほか、次世代技術などの先行投資がかさんだ。

フタバ産業の経常利益は前年同期比6割減の15億円だった。主力はマフラーで、車のモデルチェンジに伴う新製品の立ち上げなど「先行的な経費」(吉貴寛良社長)が増えた。設備投資で減価償却も増えている。

戦略投資に加え、自然災害の影響が収益を圧迫した。自動車バネの中央発条は1割強の営業減益で、外貨建て資産の為替差益で経常段階で増益を確保。軸受けの大豊工業は自動車製造用プレス設備の受注が低迷した。

19年3月期通期の経常利益見通しはフタバ産業など3社が引き下げた。東海理化はインドネシアなど新興国の通貨安が響く。大豊工業は「上期に低迷した製造設備の受注回復が難しい」という。

米中の貿易摩擦を懸念する声も上がった。中央発条の高江暁社長は「メキシコへの生産拠点の集約を急ぐ」と話す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム