/

この記事は会員限定です

徴用工訴訟、第三国の資産差し押さえも

[有料会員限定]

「徴用工」を巡っては、日本企業を被告とした韓国国内での同種訴訟が進行中だ。日本企業が賠償命令を拒否した場合、資産の差し押さえなど強制執行手続きができる。

韓国法に詳しい弁護士によると、日本の法律と同じく、韓国では差し押さえの対象は預金や売掛債権、不動産のほか、特許権など知的財産なども対象になりうるという。

新日鉄住金のように韓国内に資産がないと判断された場合、日本の資産も差し押さえの対象となるか。外国の確定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り317文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン