東京海上、再保険子会社を売却 海外事業多様化へ布石
1700億円

2018/10/31 5:05 (2018/10/31 10:23更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京海上ホールディングスは31日、再保険事業を手掛ける欧州中核子会社の東京ミレニアム・リーを売却すると発表した。全株式を英領バミューダ諸島の大手再保険会社、ルネサンス・リー・ホールディングスに譲渡する。売却価額は約1700億円に上るとみられる。世界で多発する自然災害のリスクを引き受ける再保険事業を先んじて切り離し、海外事業の多様化と新たな成長への投資を同時に進める。

売却するのは再保険専業のミレ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]