2018年11月14日(水)

メルケル路線、継続か修正か 2氏軸に後継争い

ドイツ政局
ヨーロッパ
2018/10/30 17:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=石川潤】ドイツのメルケル首相(64)が与党、キリスト教民主同盟(CDU)の党首退任を表明し、後継者選びが加速している。メルケル氏は29日の会見で同氏に近いクランプカレンバウアー幹事長(56)と反メルケルのシュパーン保健相(38)が名乗りを上げていると指摘。メルケル路線の継続か修正かをめぐり2氏を軸に後継争いが進む見込みだ。

CDUは12月7~8日に開く党大会で新党首を選出する。2氏以…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報