2018年11月17日(土)

古紙「爆買い」で段ボール危機 米中貿易戦争の余波
【イブニングスクープ】

環境エネ・素材
2018/10/30 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中貿易摩擦の余波で、国内で段ボールが不足する懸念が広がっている。最大生産国の中国が段ボールの原料となる古紙の調達先を米国から日本に変え「爆買い」したためだ。日本での古紙流通量が減り、一部で欠品も出始めた。ハイペースな輸出が続くなか、需要期の冬場に段ボールが不足し物流が混乱する事態が現実味を帯び始めた。

「その日に古紙が入荷するかを心配しながら生産する工場もある」。段ボール原紙最大手の王子マテリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

段ボール原紙値上げ 日本製紙15%以上、消費財に...[有料会員限定]

2018/10/4 21:36

製紙の明暗 通販が岐路[有料会員限定]

2018/10/30付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報