2018年11月19日(月)

11/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「ソニー村」から「五反田バレー」に[有料会員限定]
  2. 2位: 小粒になった日本企業 長寿でも新陳代謝鈍く[有料会員限定]
  3. 3位: 東証データに透ける外国人の東芝買い 自社株買い狙い撃ち[有料会員限定]
  4. 4位: アップル弱気相場入り、崩れる投資の成功方程式[有料会員限定]
  5. 5位: 半導体装置、業績踊り場 米中摩擦・投資遅延が重荷[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,135,739億円
  • 東証2部 86,693億円
  • ジャスダック 93,929億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率13.62倍13.70倍
株式益回り7.34%7.29%
配当利回り1.80% 1.88%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,680.34 -123.28
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,650 -170

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

日経平均反発、国内勢が打診買い 警戒感は根強く
証券部 井澤ひとみ

2018/10/30 12:48 (2018/10/30 15:24更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

30日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発した。終値は307円49銭(1.45%)高の2万1457円29銭だった。上げ幅は一時、400円を超えた。中国が景気下支えのために自動車購入税を引き下げるとの海外報道を好感し、自動車株が買われたほか、SUMCOが8%高、東京エレクトロンが7%高となるなど、半導体株の上昇も目立った。

「今日は国内勢の打診買いが目立つ」。クレディ・スイス証券の牧野…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

NY市場の動き

相場と投資を読み解く

30日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

読まれたコラム