2019年6月20日(木)

スペシャル

フォローする

大坂なおみが今季手にした最大の収穫とは…

(2/2ページ)
2018/10/31 6:30
保存
共有
印刷
その他

大坂だけではない。今季の四大大会覇者4人のうち、世界ランク1位で全仏女王のシモナ・ハレプ(ルーマニア)は背中の故障でWTAファイナルを欠場。全豪女王のキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、ウィンブルドン女王のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)は大坂同様、4強に進めなかった。ファイナルを制したのは四大大会8強が最高のエリナ・スビトリナ(ウクライナ)。上位陣にそれほど大きな実力差がないテニス界で、1人の選手が勝ち続けるのは容易でない。

粘り負けする試合が大幅減

全米以降、大坂の戦い方に大きな変化があった。尊敬するセリーナ・ウィリアムズ(米国)と同様、大坂が負けるときはミスを連発して自滅するパターンが大半だった。大坂を気分よくプレーさせたら、ほとんどの女子選手はまともに打ち合えない。だからこそ、対戦相手は大坂のミスを誘おうと嫌がりそうな場所にボールを運び、ラリーで粘って根負けを狙う。その術中にはまってぷっつり集中力が切れる試合も目立ち、勝っても負けてもストレートで終わる試合が多かった。

ただ、一段と体も絞れた全米以降は粘り負けする試合が格段に減り、戦術的なオプションも増えてきた。WTAファイナルでは2連敗したとはいえ、第1セットを落とした後、第2セットは奪い返して簡単には負けていない。

大坂は今季を振り返り、「先を見すぎなくなった」という=AP

大坂は今季を振り返り、「先を見すぎなくなった」という=AP

「自信とはいわないけれど、心の中が落ち着いているというか。1月のころはまだまだ自分がやっていることに確信が持てない部分が多かったから」と話す。以前は自分に実力があることを見せつけたくて仕方なかったものの、そういった意識もなくなってきたという。

そうはいっても、思うようにいかない展開にじだんだを踏み、ラケットを放り投げてしまう場面もある。勝ちたい気持ちが強いあまり、こうした態度が出てしまう。それを「よくない」こととわかっていて、試合後に謝罪しているのがほほ笑ましい。中国オープンでは苦しい展開に泣きながらプレーして、勝った試合もあった。それを未熟という声もあるが、漫画の主人公のような人間臭さが日本以外でも人気を集める要因でもある。

潜在能力を一気に開花させた18年、一番学んだことは何だったのだろうか。「先を見すぎなくなった。まずは目の前の試合に全力を注ぐことに集中する。出場する大会は全部勝ちたいけれど、現実は違う。大会すべてに勝つ選手はいない。まずはいいプレーを心がけないといけない」。小さなミスも許せなかった、自他ともに認める「完璧主義者なおみ」の大きな発見だった。

(原真子)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

テニスコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
カナダ勢で初めてNBAの頂点に立ち、優勝トロフィーを掲げて喜ぶラプターズの選手ら=APAP

 2018~19年シーズンの米プロバスケットボールNBA王者を決めるファイナル(決勝)で、トロント・ラプターズが初優勝を果たした。6月13日、3勝2敗と王手をかけて迎えた敵地での第6戦で、3連覇を狙っ …続き (6/17)

 3月末に公務員ランナーを卒業した川内優輝(32、あいおいニッセイ同和損保)がプロに転向して活動の場を広げている。全国津々浦々、毎週のようにレースを重ねてきたスタイルを生かして地域に貢献。市民ランナー …続き (5/28)

けが人続出の状況でも2大エースの一人、カリー(右)が大活躍。ウォリアーズの自信に満ちたプレーは変わらない=ロイターUSA TODAY Sports

 2018~19シーズンのNBA(全米バスケットボール協会)王者を決めるプレーオフも大詰めに近づいている。西カンファレンスではゴールデンステート・ウォリアーズ、東カンファレンスではミルウォーキー・バッ …続き (5/20)

ハイライト・スポーツ

[PR]