墜落のインドネシア機、前日に機体トラブル 捜索続く

2018/10/30 10:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ヌサドゥア(バリ島)=鈴木淳】インドネシアでジャカルタ発パンカルピナン行きのライオン航空610便(乗員・乗客189人)が墜落した事故で、墜落前日に同じ機体で不具合が生じていたことが30日、インドネシア運輸当局への取材で分かった。

機体のトラブルが墜落につながった可能性もあり、国家捜索救助庁などは全容解明のため、ブラックボックスの回収を急ぐ。

運輸当局や航空情報を提供するサイトによると、29日に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]