2018年11月14日(水)

イスタンブールの新空港、未完成でも「開港式」
建設費は1兆3000億円

中東・アフリカ
2018/10/30 1:51
保存
共有
印刷
その他

【イスタンブール=佐野彰洋】トルコ最大の都市イスタンブールで29日、世界一の規模を目指す新空港の開港式が行われた。同国のエルドアン大統領は名称を「イスタンブール空港」と発表し、「国家の誇りで世界の模範となる」と強調した。

29日、開港式が催されたターミナルビルの内部(イスタンブール)

29日、開港式が催されたターミナルビルの内部(イスタンブール)

建設費は102億ユーロ(約1兆3000億円)。政権に近いゼネコン5社が建設と25年間の運営を手がける。契約総額は220億ユーロに達する。

式典は新空港で開かれたが、敷地内には未完成の区画が多く残り、工事が続いている。エルドアン政権が成長戦略の軸と位置づけてきたインフラ開発を象徴する事業だけに、29日の建国記念日に合わせた「開港」にこだわった。2018年末までは国内外の5都市への試験運用にとどめ、本格稼働は19年の初め以降になる見通しだ。

イスタンブールでは現在、建国の父の名を冠した地域のハブ(中核)空港として、アタチュルク国際空港が使われているが、18年末までに民間定期便の利用を停止する予定だ。

新空港は当初、滑走路2本で、受け入れ能力は年間9千万人。段階的に拡張し、最終的には6本の滑走路を整備。年間2億人が利用できるようにして、近隣のアラブ首長国連邦(UAE)ドバイの国際空港だけでなく世界の主要空港をしのぐ規模に広げる計画だ。

29日、敷地内に未完成の区画が目立つイスタンブールの新空港=アナトリア通信提供

29日、敷地内に未完成の区画が目立つイスタンブールの新空港=アナトリア通信提供

立地はイスタンブール北西部で黒海に近い。同市の中心部から高速道路を使い、車で40キロメートル超の距離。地下鉄の乗り入れは19年末以降になる。

完成が遅れている一因は安全対策の不備など、労働環境の悪さにもありそうだ。9月には作業員が改善を求めて抗議行動を起こした。治安当局が一時400人以上を拘束した。トルコ政府は2月、15年に工事を始めてから計27人の作業員が事故などで死亡したと発表。だが、野党や国際人権団体は、実際の死者数がもっと多いと主張している。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報