/

百十四銀会長が辞任 女性行員への不適切行為を防げず

百十四銀行は29日、渡辺智樹会長(66)が31日をもって会長職を辞任すると発表した。今年2月に取引先との会食の場で、取引先による女性行員への不適切行為を制止できなかったことの責任を取る。28日に申し出があり、同日の取締役会で決定した。11月1日付で相談役に就く。

5月の社内調査で取引先による不適切行為が発覚し、6月に報酬・賞与の減額処分を受けていた。その後、社外取締役の指摘で第三者の弁護士による再調査を実施。会長が同席していたにもかかわらず、不適切行為を制止できなかったことを問題視した。渡辺会長は事態を重く受け止め、引責辞任することとなった。

また11月1日付で木内照朗取締役専務執行役員が代表取締役に就任する人事も発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン