/

神奈川県とインド政府 未病改善で覚書

神奈川県は29日、インド政府と健康改善に関する覚書を締結した。県が進める健康と病気の間の状態を指す未病の概念と、インドの病気を予防する伝統的な医療の考え方を共有。今後、健康改善に連携して取り組んでいくことを確認した。

会談する黒岩知事(左)とモディ首相

インドの伝統医療、アーユルヴェーダは健康の維持や病気の予防を自己管理で行う考えを基本としている。県は未病の概念に近いと考え、県内のイベントにインド発祥のヨガを取り入れるなど交流を深めてきた。

黒岩祐治知事が同日、来日中のインドのモディ首相を表敬。チノイ駐日インド大使と覚書を締結した。黒岩氏は会談後「アジア地域との連携をさらに発展させていくことができる」とのコメントを発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン