/

電動カート、高齢者の足に 京急や横国大など実験

京浜急行電鉄と横浜国立大学(横浜市)、横浜市は29日、ゴルフ用の電動カートを使って勾配の急な地域で、高齢者が駅やスーパーまで移動するのを助ける実証実験を始めた。京急富岡駅周辺の2つのルートで行う。利用者の数や意見を踏まえ、本格的な利用も検討していく。

1周4~5キロメートルを1時間あたり2、3便が運行する。周辺の9000世帯によく行く場所や頻度をアンケートし、ルートを決めた。ゴルフ用カートの乗車人数は運転手を含め最大4人、最高時速は19キロメートル。カートの走行位置はインターネットで確認でき、地域の交流センターにも確認用の端末を設置した。

実験は11月18日まで。1ルートあたり10日ずつ、2回に分けて検証する。利用には事前登録が必要で、専用のICカードを配布し乗降者数を測る。現時点で100人弱が登録しているという。乗降者数や利用の多い地点などを横国大が実験後に分析する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン