2018年11月14日(水)

白いキクラゲで洗顔せっけんや食品
グレイスファーム、高校生と開発も

サービス・食品
九州・沖縄
2018/10/30 6:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業生産法人のグレイスファーム(佐賀県唐津市、副島幸輔社長)が、自社栽培の白いキクラゲを使用したユニークな商品開発を進めている。透明な球体でプルプルした触感の洗顔せっけん「白美の雫」や、まるごと酒かすに漬けた食品「白美茸 粕漬」を発売。白いキクラゲを粉末にした素材の特許出願も準備。農産物の価値を高め、製造サービスまで取り込む6次産業化を進めている。

白いキクラゲは、黒いキクラゲの白色突然変異種。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報