ジェクタス、豚の浮腫病ワクチンを開発、国内初 コスト減

2018/10/30 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ワクチン開発のジェクタス・イノベーターズ(那覇市、新川武社長)は、畜産豚で発生しやすい細菌病「浮腫病」を予防するワクチンを新しく開発した。同ワクチンの開発は国内では初めて。共同研究するKMバイオロジクス(熊本市)がこのほど農林水産省に製造販売の承認を申請した。欧州製ワクチンとは異なる独自技術で製造コストを引き下げた。豚の病気を予防することで畜産農家の経営安定につなげる。

浮腫病は主に子豚がかかり…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]