2018年11月15日(木)

糖質ゼロの日本酒、息の酒臭さ軽減 月桂冠が特許取得

サービス・食品
関西
2018/10/29 19:18
保存
共有
印刷
その他

月桂冠(京都市)は糖質の少ない日本酒は飲酒後の呼吸が臭くなりづらいことを発見し、特許を取得した。同社は健康に気遣い糖質の摂取を控えたい人向けに、辛口の日本酒「糖質ゼロ」を手掛けており、今後は商品販売の際などに息が臭くなりづらい効果をアピールする。酒臭さを気にする人むけの新商品の開発も進める。

糖質を極力減らした日本酒は、健康を気にする中高年などに人気がある

日本酒を飲むと、酒に含まれる成分や体内で日本酒を代謝する際に生成される成分が独特の臭みになる。月桂冠は純米酒と糖質ゼロの日本酒を飲んだときとを比較して、糖質ゼロの商品を飲んだ後は純米酒よりも臭い成分が増えづらいことを発見。食品の新たな機能性を見つけた場合に認められる「食品の用途発明」の特許を取得した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報