天然ゴムが年初来安値 中国でタイヤ需要減懸念

2018/10/29 19:12
保存
共有
印刷
その他

東京商品取引所の天然ゴム先物相場が下落し、年初来安値を更新した。指標品のRSSは期先の29日の清算値が1キロ162円と前週末比4.3円(3%)安い。中国の経済成長が鈍化し、タイヤ需要が減るとの思惑から売りが膨らんだ。

自動車タイヤに使う天然ゴムの相場は最大需要国である中国の景気動向に反応しやすい。上海総合株価指数の下落などを受け、上海市場の先物(期近)は日本時間29日夕時点で1トン1万1340元前後と前週末比480元(4%)下落した。東京市場にも値下がりが波及した。

「米中貿易戦争の影響が出始めているとの懸念が広がっており、天然ゴムは売られやすい状況」(サンワード貿易の松永英嗣氏)との声が出ている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]