/

水戸岡氏デザインの観光列車 平成筑豊鉄道、来春から

福岡県の第三セクター「平成筑豊鉄道」は29日、来年3月からランチ付きの観光列車「ことこと列車」を運行すると発表した。列車のデザインに定評のある水戸岡鋭治さんが欧風クラシックを意識した内装や外装を手掛け、関係者は「新たな観光客を掘り起こしたい」と期待する。

水戸岡さんによると、車体は濃い赤に塗装して磨き上げ、周りの風景が映り込むように加工。内装は天井にステンドグラスをはめ込み、「レトロな雰囲気で田園風景にマッチした列車」を目指す。

時速20キロ以下で約3時間半走行し、景色を見ながらランチを堪能してもらう。食材には沿線自治体の農産物を使用。名称の「ことこと」はゆっくりと田園風景の中を走る姿をイメージした。

土日と祝日に年間約120本を予定し、初回は直方(直方市)―行橋(行橋市)間を運行。季節ごとに走行コースを変更する。河合賢一社長は「沿線の活性化に貢献するとともに、経営状況の改善につなげたい」と意気込みを語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン