最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,798.87 +246.89
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,800 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

10月11日(金)14:20

首都圏のJR在来線 あす午後1時ごろまでに運休[映像あり]

気象庁 台風19号「狩野川台風に匹敵の可能性」

10月11日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

モスフードの19年3月期、11年ぶり最終赤字 食中毒で特損

2018/10/29 18:54
保存
共有
印刷
その他

モスフードサービスは29日、2019年3月期の連結業績予想を下方修正した。最終損益は8億円の赤字(前期は24億円の黒字)と従来予想(25億円の黒字)を大きく下回り、08年3月期以来11年ぶりの赤字に転落する。8月に長野県の店舗で起きた食中毒事故発生に伴う特別損失や、再発防止に向けた教育費用を計上する。競争激化などによる既存店客数減も収益を圧迫する。

売上高は660億円と前期比8%減る見通しで従来計画から60億円下振れする。競争激化や地震・台風などで既存店客数が低迷する中、主力の「モスバーガー」業態で長野県のFC加盟店で腸管出血性大腸菌O121を原因とする食中毒事故が発生。安全性への懸念から一段と客足が鈍る可能性もある。

営業利益は89%減の4億円と従来予想から34億円引き下げた。売上高の計画未達に加え、食中毒事故に対する教育費用などのコスト増も響く。まず衛生面の管理や従業員の意識改革など再発防止策を徹底。安全対策の進捗などを顧客に知らせる広告も増やす。

食中毒事故に伴いFC加盟店の収益減少を補填するのに伴う特別損失は約10億円にのぼる見通し。今のところ考えられる食中毒関連の費用は今回で、すべて計上済みという。今後は再発防止策を通じブランド価値の回復を目指す方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム