/

この記事は会員限定です

インドの優位性に期待、議論活発に 経済人ら発言

スズキの鈴木修会長「雇用に貢献」 テック・マヒンドラのバヤス氏「日本に投資惜しまず」

[有料会員限定]

日本経済新聞社と日本貿易振興機構(JETRO)が29日開いたインドのモディ首相の講演会で、日印の経営者らが意見を交換した。スズキの鈴木修会長は「インドでは100%近い同国産化率を達成し、雇用創出に貢献している」と説明。三井物産の飯島彰己会長は「日印関係を中心に地域間、多国間の連携にも注目したい」と話した。

鈴木会長は原油価格の高騰や環境規制の強化に対応するため「電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)、圧縮天...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り951文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン