/

仮想通貨コインチェックが赤字 4~9月期

親会社マネックス株は急落

仮想通貨交換会社コインチェックの業績が悪化している。親会社のマネックスグループは29日、コインチェックの収益を反映するクリプトアセット事業の4~9月期の税引き前損益が8億4700万円の赤字になったと発表した。当初6月をメドとしていた金融庁による交換業登録が遅れるなかで、体制整備にかかる費用がかさんだ。

コインチェックの赤字決算を受け、29日の東京株式市場でマネックス株は一時前週末比14%安の399円まで急落した。買収当初はコインチェックの収益寄与への期待が高まり、マネックス株は5月に735円の年初来高値を付けた。株価は当時から5割弱下落したことになる。

コインチェックを巡っては、1月に約580億円分の仮想通貨流出事件が起きた。マネックスは4月に同社を買収し、役員を送り込むなどして内部管理体制の整備を進めてきた。

マネックスの4~9月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が17億円と前年同期比13%減った。松本大最高経営責任者(CEO)は会見で「コインチェックの事業基盤を考えれば、営業再開後かなり早く黒字化する」などと語った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン