首相、移民政策を否定 衆院代表質問

2018/10/29 15:15
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は29日午後、衆院本会議の代表質問で、外国人労働者の受け入れを拡大するため政府が臨時国会に提出する入国管理法改正案に関し「いわゆる移民政策をとることは考えていない」と語った。立憲民主党の枝野幸男代表への答弁。

衆院本会議で立憲民主・枝野代表(手前)の質問を聞く安倍首相(29日午後)

首相は「国民の人口に比して一定程度の規模の外国人や家族を期限を設けず受け入れることで、国家を維持する政策をとることは考えていない」と指摘。「今回の制度改正はこの方針に沿ったものだ」と強調した。「深刻な人手不足に対応するため、真に必要な業種に限り、一定の専門性、技能を有し、即戦力となる外国人材を期限つきで受け入れる」と制度の趣旨を説明した。

枝野氏は「首相自身が否定してきた移民受け入れ政策への転換とどう違うのか」とただした。外国人の住宅をどうするかや社会保障制度などを挙げ「本格的な受け入れの前提となる整備は十分とは言えない」と述べた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]