/

安倍首相「金融庁、検査・監督の質向上」スルガ銀問題で

投資用不動産を巡るスルガ銀行の不適切融資問題について、安倍晋三首相は29日の衆院本会議で債務者への対応に向けて「金融庁がしっかりとモニタリングしていく」と強調した。その上で金融庁に対しても「顧客を保護し、法令などを順守する業務運営が金融機関に確保されるよう検査・監督の質をさらに高めていく」と語った。

立憲民主党の枝野幸男代表に対する答弁。スルガ銀では、シェアハウスなどの投資用不動産で改ざんされた審査書類に基づく不適切な融資が横行していた。金融庁は5日、投資用不動産向けの新規融資を対象に6カ月間の業務停止命令を出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン