西武の新型特急「ラビュー」19年春デビュー 25年ぶり

2018/10/29 13:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建築家監修の車両が来年3月にお目見え――。西武鉄道は29日、新型の特急車両に関する記者会見を開いた。車両の外装には風景が映り込むほか、客席の窓の高さは膝の位置まで下げるなど、眺望の良さを売り物にした。新型特急の投入は1993年以来25年ぶり。

デザインを手掛けたのは建築界のノーベル賞といわれる「プリツカー賞」を受賞した妹島和世さん。今回の新型車両は観光地の秩父(埼玉県秩父市)と池袋を結ぶ路線でデ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]