インドネシアLCC機が墜落 189人搭乗

2018/10/29 12:02
保存
共有
印刷
その他

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシア国家捜索救助庁は29日、ジャカルタ発パンカルピナン行きのライオン航空610便(ボーイング737MAX8型機、乗員・乗客189人)が墜落したと発表した。同便は29日午前6時30分(日本時間午前8時30分)ごろから連絡が取れなくなっていた。同庁などが捜索にあたっている。

墜落した航空機から落下したとみられる破片=ロイター

航空当局によると、610便は午前6時20分にジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ空港を離陸し、約10分後に消息を絶ったという。ジャカルタ北部の海に墜落したとみられ、国家捜索救助庁は記者会見でダイバーが潜水して機体などを捜していることを明らかにした。死傷者がいるかどうかは明らかにしていない。同便は午前7時20分にバンカ島のパンカルピナンに到着する予定だった。

地元テレビ局によると、機体はライオン航空が受領したばかりの「真新しい機材」という。同便には乗員8人と乗客181人の計189人が乗っており、地元メディアによると子供1人、乳児2人が含まれていた。日本人の搭乗の有無は不明で、当局が搭乗者名簿などから国籍の確認を急いでいる。

ライオン航空はインドネシアの格安航空会社(LCC)大手で、スカルノ・ハッタ空港を拠点にインドネシア国内路線を多数持つほか、同社やグループ会社などを通じて、シンガポールやマレーシアなどと結ぶ国際線も就航している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]