2019年8月26日(月)

米ツアー ズームアップ

フォローする

男子ゴルフ世界1位 ケプカを育んだ異色の経歴
ゴルフジャーナリスト ジム・マッケイブ

(1/2ページ)
2018/11/1 6:30
保存
共有
印刷
その他

先日、米男子ゴルフのブルックス・ケプカ(米国)が韓国・済州島のナインブリッジズで行われたCJカップを制し、10月22日付の世界ランキングでトップに躍り出た。これで、この1年でランキング1位となったのはダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス(ともに米国)、ジャスティン・ローズ(英国)に次いで4人目となっている。その年の頂点に4人が立ったのは1997年以来だ。

ケプカはCJカップを制し、10月22日付の世界ランキングトップに躍り出た=AP

ケプカはCJカップを制し、10月22日付の世界ランキングトップに躍り出た=AP

その21年前を少し振り返ると、あの年はアーニー・エルス(南アフリカ)とトム・リーマン(米国)が1週ずつ1位となり、あとはグレグ・ノーマン(オーストラリア)とタイガー・ウッズ(米国)が分け合った。ケプカは86年に世界ランキングが導入され、最初に1位となったベルンハルト・ランガー(ドイツ)から数えて23人目の選手ということになる。

あえて「回り道」を選択

さて、そのリストにはニック・ファルド(英国)、フレッド・カプルス(米国)、ニック・プライス(南アフリカ)、ビジェイ・シン(フィジー)、ロリー・マキロイ(英国)、ジョーダン・スピース(米国)らそうそうたるメンバーが名を連ねているが、そんな彼らと比べると、ケプカは異なる道を通ってここへたどり着いた。

特に米国人選手の中では、異色の経歴である。

通常、米国出身のトッププロの多くは高校時代に頭角を現し、奨学金をもらって大学へ進学する。そこでアマチュアのタイトルなどを獲得して有名になると、スポンサー推薦などで米PGAの大会に出場する権利を得る。そして、結果を残すとさらに違う大会に推薦され、そうしたことを重ねるうちに勝利を挙げ、そのままPGAツアーのメンバーになるといったエリートコースをたどる。ウッズやスピースが通ったのがまさにこのルートだ。

一方でケプカはスピースと同じ2012年にプロに転向すると、下部ツアーの下部ともいえる欧州のチャレンジツアーに挑んだ。どこで試合が行われるのか聞いたこともないようなコースを転々とし、そこで実績を重ね欧州PGAツアーの出場資格を得たのである。

その後、スピースが2位タイに入って注目された14年の全米オープン選手権で4位タイに食い込み、14~15年シーズンの米PGAツアー出場資格を獲得。それを足がかりに同ツアーに本格参戦すると、15年2月、ウエストマネジメント・フェニックス・オープンで優勝し、米国での足場を確かなものとした。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

米ツアー ズームアップ 一覧

フォローする
8月のプレーオフ3試合はウッズにとって相性のいいコースばかりが舞台となる=APAP

 インパクトが大きすぎた。ゆえにタイガーマニアは、まひしたのかもしれない。
 それも仕方がない。今年のマスターズ・トーナメントで優勝したタイガー・ウッズ(米国)が、男子ゴルフの四大大会を制したのは200 …続き (8/7)

全英オープンで3勝のウッズ。英国のファンも英雄の復活を待ち望む=APAP

 7月14日から北アイルランドのロイヤルポートラッシュGCで第148回全英オープンが行われる。ロイヤルポートラッシュでの開催は1951年以来、68年ぶり。
 注目はやはり、ポートラッシュで育ったロリー・ …続き (7/10)

今年の全米オープンゴルフはウッズが19年前に圧勝したペブルビーチ・ゴルフリンクスを舞台に行われる=共同共同

 6月13日から、米カリフォルニア州のペブルビーチ・ゴルフリンクスで男子ゴルフの第119回全米オープンが開催される。
 米国において、もっとも全英オープンに近い雰囲気を感じられるとしたら、このペブルビー …続き (6/5)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。