/

レスターのオーナー事故死 ヘリ墜落、15年岡崎獲得

【ロンドン=共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグで岡崎慎司選手が所属するレスターは28日、本拠地付近でヘリコプターが墜落した事故でオーナーのウィチャイ氏らの死亡を確認したと発表した。27日の試合後にピッチから離陸した直後に旋回し、競技場の外に墜落して炎上した。

タイ人の同氏は当時2部で阿部勇樹選手(浦和)が加入した2010年からオーナーを務め、15年に岡崎選手を獲得。15~16年シーズンにプレミアリーグ初優勝の快挙を遂げるチームを築いた。

クラブは公式サイトに「素晴らしい人間を失った。レスターは彼のリーダーシップの下で一つの家族だった」との声明を出した。30日にホームで予定されたリーグカップのサウサンプトン戦は延期が決まった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン