/

この記事は会員限定です

ドコモ、2019年度値下げへ 5Gに1兆円投資

[有料会員限定]

NTTドコモは次世代通信規格「5G」に今後5年間で1兆円規模の設備投資をする方針を固めた。一般消費者向けに加え、企業と共同で建機の遠隔操作や遠隔医療など新たなサービスをつくる計画だ。一方、携帯電話の料金プランも2019年度から値下げする方向で検討する。同料金の値下げ圧力が強まるなか、成長市場と期待される5G分野への投資で、スマートフォン(スマホ)に依存した収益構造からの脱却をめざす。

5Gは実効速度が現行の携...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り435文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン