2018年11月15日(木)

一枚上手の相撲論(浅香山博之)

フォローする

立ち合いの乱れ 「駆け引き」には限度がある

(1/2ページ)
2018/11/9 6:30
保存
共有
印刷
その他

大相撲九州場所は11日、福岡国際センターで初日を迎える。9月の秋場所は史上初の幕内1000勝と14度目の全勝優勝を飾った横綱白鵬が復活を印象づけたが、気になったのは終盤戦の立ち合いの乱れ。「駆け引き」にも見える立ち合いはどこまで許されるのだろうか。

待ったの末、あっけなく決着

賜杯レースが佳境に入った11日目の大関高安戦、優勝を決めた14日目の大関豪栄道戦はともに立ち合いが2度不成立となった。前者は1度目が手を付きかけた白鵬を見て高安が先に突っかけ、2度目はなかなか手を付かなかった白鵬が「待った」。そして3度目は高安は完全に立ち遅れ、一方的に白鵬が押し倒した。後者は白鵬が1度目は明らかに早く突っかけ、2度目は手を付けるそぶりがなく自ら嫌った。3度目は白鵬がすぐさま右四つ左上手の万全の形に持ち込んで豪栄道に完勝した。注目された2番はあっけなく決着がつき、特に高安戦は拍子抜けするほどだった。

立ち合いが2度不成立となり、3度目は高安(手前)が一方的に白鵬に押し倒された=共同

立ち合いが2度不成立となり、3度目は高安(手前)が一方的に白鵬に押し倒された=共同

白鵬が立ち合いの駆け引きを仕掛けたようにもみえるが、実際どうだったかはわからない。ただ、何もできぬまま尻餅をついた高安には、もっと考えた立ち合いをしてほしかったと思う。立ち合いが2度合わなかったことで、3度目はどこかに迷いや萎縮はなかったか。相手が駆け引きをしてきたとしても、それに惑わされるのではなく、大横綱を自分の立ち合いに合わさせるくらいの気概で向かっていくべきだった。もちろん白鵬の立ち合いも褒められたものではない。待ったをすると、お客さんからヤジが飛んできたり、審判長から注意されたりして、並の力士ならそっちに気を取られて集中できなくなるもの。だが、白鵬は待ったのプレッシャーなどみじんも感じさせなかった。最後はどういう人間が勝つかといったら、精神的に強い人間が勝つ。白鵬にはずぶとさがあった。

言うまでもなく、立ち合いは互いに合わせなければならない。わざと突っかけたり、手をつかなかったりするのは見苦しいし、待ったの連発は場をしらけさせる。ただ、互いに呼吸を合わせることが難しいのも確か。自分の現役時代を振り返っても、最後の待ったなしのときは館内が静まりかえり、立ち合いは相当な集中力が求められる。特に優勝や昇進、勝ち越しなどがかかる終盤の大事な一番になると、いつも以上に緊張感が張り詰め、慎重になりすぎることもある。立ち合いを合わせるのは大前提ではあるけれど、勝負事でもあり、絶対に合うとも限らない。何も考えずに立つ力士はいない。やはり多少の駆け引きは存在する。

  • 1
  • 2
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

一枚上手の相撲論(浅香山博之) 一覧

フォローする
立ち合いが2度不成立となり、3度目は高安(手前)が一方的に白鵬に押し倒された=共同共同

 大相撲九州場所は11日、福岡国際センターで初日を迎える。9月の秋場所は史上初の幕内1000勝と14度目の全勝優勝を飾った横綱白鵬が復活を印象づけたが、気になったのは終盤戦の立ち合いの乱れ。「駆け引き …続き (11/9)

8月31日の稽古総見で汗を流す御嶽海(右)と鶴竜=共同共同

 大相撲秋場所は9日、東京・両国国技館で初日を迎える。注目の一人は先場所初優勝して大関とりに挑む関脇御嶽海だろう。大関を狙える実力は十分あるが、看板力士を目指すにあたって注文もつけておきたい。
 先場所 …続き (9/7)

立ち合いで勢(右)に張り手をする白鵬(2016年夏場所)

 大相撲名古屋場所は8日、ドルフィンズアリーナで初日を迎える。最近、やり玉に挙げられているのが横綱白鵬の張り手やかち上げ。反則技でもない取り口は、それほど批判されることなのだろうか。 …続き (7/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]