/

この記事は会員限定です

習氏「米一極に反対」 日中首脳、貿易戦争で意見交換

[有料会員限定]

26日に北京で行った日中首脳会談後の夕食会で、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が安倍晋三首相に対し、米国との貿易交渉に強い不満の意を示していたことが分かった。安倍首相は米中両国のさらなる対話の必要性を訴えた。日中関係筋が明らかにした。

26日夜、北京の釣魚台迎賓館。首脳会談を終えた安倍首相と習氏は初めての夕食会に臨んだ。「自民党総裁の3選、おめでとうございます」。習氏はまず安倍首相の勝利に祝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り428文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン