/

砂防ダムのイノシシ救出 2週間ぶり、北九州

北九州市門司区の砂防ダムに約2週間前、2頭のイノシシが転落して脱出できない状態になり、福岡県と市が27日までに箱わなで捕獲し、それぞれ山に返した。当初は鳥獣保護法に基づき静観の構えだったが「かわいそうだ」との声が高まったため「救出作戦」を進めていた。

市によると、砂防ダムは高さ約6メートルの壁に囲まれ、今月12日に2頭が落ち込んでいるのを住民が見つけた。鳥獣保護法の考えでは、イノシシなどの野生動物がアクシデントに見舞われても原則手出しができず、当初は見守ることを決めた。しかし自力での脱出ができない状態が続き、市に「助けてあげて」「放っておくのはかわいそう」などと全国から数百件の電話やメールが寄せられた。市は県と協議し「このまま放置すると地面を掘るなどして施設に損傷が出る恐れがある」との理由で捕獲を決めた。

24日に脱出用のスロープを置いたが2頭は動かず、26日に餌を入れた鉄製の箱わなを置き1頭を捕獲。残る1頭は26日にわなの扉が落ちる直前に飛び出すなど警戒心が強かったが、27日に無事に捕らえることができた。

近隣ではイノシシによる作物被害も発生。市の担当者は「とりあえずほっとしたが『なぜ助けて野に放つんだ』といった苦情が来ることも予想される」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン