/

この記事は会員限定です

日中首脳会談、打算の接近どう生かす

中国総局長 高橋哲史

[有料会員限定]

米中が「新冷戦」の瀬戸際に立つなか、安倍晋三首相は北京で習近平(シー・ジンピン)国家主席と握手した。トランプ米政権に攻め込まれる中国が、対日関係の改善に活路を求めた結果だ。日本は中国が内にこもり、世界に背を向けないよう促す責任を負う。

首相にとっても感慨深い訪中になったはずだ。「私の父、安倍晋太郎は官房長官としてこの条約の交渉を支えました」。25日、北京に着いた首相はまず日中平和友好条約の発効40...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン