/

職員自殺、公務災害申請 パワハラ原因と遺族、愛知

愛知県小牧市の男性職員(30)が7月に自殺したのは上司のパワハラが原因として、遺族が27日までに、公務災害に認定するよう求める申請書を市に提出した。市が明らかにした。

市は地方公務員災害補償基金愛知県支部に申請書を送付、同支部が今後、認定の可否を判断する。市も専門家による第三者委員会を設置、パワハラの有無や自殺の原因を調査する方針。

市によると、職員は4月から情報システム課に所属。7月27日に出勤せず、市内の自宅アパートで首をつり自殺しているのが見つかった。

遺族がその後、上司からパワハラを受けていたことを示す職員のメモを見つけ、市に問い合わせた。

市は上司や同僚に話を聞き、職員が4月以降「職場環境がつらい」などと周囲に漏らしていたとの証言が得られた。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン