オマーンを異例の訪問 イスラエル首相

2018/10/26 23:45
保存
共有
印刷
その他

【エルサレム=共同】イスラエル首相府は26日、ネタニヤフ首相がアラビア半島南東端のオマーンを公式訪問し、カブース国王と会談したと発表した。オマーン国営メディアによると、訪問は25日。イスラエルとオマーンは外交関係がなく、イスラエル首相によるオマーン公式訪問は1996年以来で、極めて異例。

ネタニヤフ氏は敵対関係にあるイランに対抗するため、外交関係がないアラブ諸国との関係改善を模索しており、それを具体化させる一歩となった形だ。

発表によると、ネタニヤフ氏とカブース国王は、イスラエルとパレスチナによる中東和平の促進策や、中東地域の平和と安定などについて協議した。公式訪問には対外特務機関モサドのコーヘン長官や、外務省、首相府の高官らが同行した。

オマーンはイスラム教徒が大半を占め、スンニ、シーア両派と異なるイバーディ派が多数派。人口は約460万人。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]