/

この記事は会員限定です

鄭副会長が改革指揮 次期トップ

[有料会員限定]

韓国の現代自動車グループは、創業家出身の鄭義宣(チョン・ウィソン)総括首席副会長(48)が改革を指揮し、立て直しを目指す。鄭氏は鄭夢九(チョン・モング)会長の長男で、次期会長就任が確実視されている。

現代経済研究院の分析では、現代自は研究開発が弱い。売上高に占める研究開発費の比率は2.4%。独ダイムラー(4.9%)、独BMW(5.5%)を下回る。鄭副会長の知人によると、鄭氏は技術革新の必要性を認識...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン