/

この記事は会員限定です

接近する中国、貿易戦争で方向転換 日米同盟にくさび

[有料会員限定]

【北京=重田俊介】2012年に日本政府が沖縄県・尖閣諸島を国有化したのをきっかけに凍り付いた日中関係は17年に少しずつ改善に向かい始めた。トランプ米大統領の登場で米中摩擦が始まり、中国は対日関係の改善に向けてかじを切った。安倍晋三首相も習近平(シー・ジンピン)国家主席が力を入れる「一帯一路」に協力を表明した。経済を接点に両国は接近するが安全保障上のリスクを抱え、薄氷の改善が進む。

■北朝鮮「圧力」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1465文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン