データの世紀「混沌の新ルール」 まとめ読み

2018/10/26 19:52
保存
共有
印刷
その他

データの世紀では、かつてのルールが溶けていく。データ資源を巡る国家間の攻防は主義や経済の枠組みを超えて多次元に広がり、企業はデータの新たな価値を見極めようと模索する。ネットでの個人情報の拡散にどう立ち向かうか人は迷い、新興国は経済成長の可能性と管理社会化のリスクのはざまで悩む。28日(日)スタートの連載企画「データの世紀 混沌の新ルール」は、生まれつつある新たな秩序に解を見つけようともがく国や企業、個人の手探りの動きを追う。

「忘れられる権利」を制度化したEUだが、域内でも異論が相次ぐ=ロイター

「忘れられる権利」を制度化したEUだが、域内でも異論が相次ぐ=ロイター

(1)デジタル覇権、国家が主導~データ資源国も勝者にあらず
   ビジュアルデータ「ネットの海の道、地球30周分 米中しのぎ削る」
(2)情報鉱脈、新しい通貨に~見えざる資産 企業動かす
(3)30年前の私を消して~「便利で無料」捨てられる?
(4)管理される26億の瞳 高速成長の代償どこまで
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]