日立、中核部門も再編 クラリオン売却 利益率10%に固執

2018/10/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立製作所が中核部門の再編に踏み切る。自動車部門は中核の一つだが、業績が伸び悩む自動車部品子会社のクラリオンを売却することを26日発表した。これまでの事業再編は半導体など非中核部門だった。現在8%前後の売上高営業利益率を海外大手と互角に戦うために2021年度に10%に引き上げる計画で、今後も聖域なき選択と集中を進める。

26日発表した今期の売上高営業利益率見通しは8%と前期に比べ0.4ポイント改…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]