2019年6月19日(水)

生命保険10社、下期は国債投資へ 外債のコスト上昇で

2018/10/27 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

生命保険会社は日本の国債への投資にそろりと動き始めている。26日出そろった国内の主要生命保険10社の2018年度下期の運用方針では、純減が続いてきた国債の投資額が増加に転じる見通しだ。外国債券へ投資するコストが上がっていることや、世界経済への不透明感の高まりで外債投資に慎重になっている。

生保各社に聞き取りで調査した。日本、第一、明治安田、住友、大同、太陽、富国、朝日、三井、かんぽから、下期の運…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報