ロボと周辺機器のデータを一元管理 ユーシン精機、大手9社が協力

2018/10/26 18:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

工業用ロボット大手のユーシン精機は工場内のロボットと周辺機器の稼働データをクラウド上で一元管理するサービスを始める。住友重機械工業や日精樹脂工業など各メーカーが協力する。低価格で全機器の稼働状況が把握できるようになり、人工知能(AI)による故障予測への応用も可能だ。

ユーシン精機の管理サービス「INTU LINE」を改良し11月から開始する。同社はスマートフォンなどプラスチック製品の成型機から成…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]