「朝見の儀」絢子さま、両陛下にお別れ

2018/10/26 17:32
保存
共有
印刷
その他

29日に結婚し皇室を離れる高円宮家の三女、絢子さま(28)が天皇、皇后両陛下に感謝の気持ちを伝える「朝見の儀」が26日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。

「朝見の儀」で、天皇、皇后両陛下から結婚の祝福を受けられる高円宮家の三女の絢子さま(26日午後、皇居・宮殿「松の間」)=代表撮影

絢子さまはロングドレスに勲章、ティアラを着用した正装で、両陛下に「今日まで長い間、深いご慈愛をもってお導きいただきましたことを謹んで御礼申し上げます」と深々と頭を下げられた。

天皇陛下は「今後とも二人で愛を育み、良い家庭を築いていくよう願っています」、皇后さまは「お二人のご健康と幾久しいお幸せを祈ります」と祝福された。

これに先立ち、絢子さまは26日午前、宮中装束に身を包み、皇居・宮中三殿で皇室の祖神や歴代天皇などに結婚を報告する「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」に臨まれた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]