2018年11月14日(水)

大京、上場廃止へ オリックスがTOB実施を発表

金融機関
2018/10/26 16:33
保存
共有
印刷
その他

オリックスは26日、グループで67.95%(議決権ベース)を保有する大京に対し、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。大京の株主から株式を買い取り完全子会社とする。TOBが成立すれば大京は上場廃止となる。買い付け期間は29日から12月10日までを予定。買い付け価格は1株あたり2970円で、取得総額は約700億円となる見通しだ。

オリックスは自社の不動産部門で商業施設や物流施設を運営している。大京はマンション事業を手掛けており、事業分野はあまり重複しない。

オリックスの矢野人磨呂財経本部長は同日の決算発表会見でTOBに触れ「ジャンルが違うので双方に補完できる。これまでは互いに上場しているため、情報を一体化できなかった」と説明。「海外進出やM&A(合併・買収)などオリックスグループの規模を生かすことでやりやすくなる」と話した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報