象牙の印鑑「扱いません」 海外の視線厳しく

2018/10/27 14:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高級商品とされてきた象牙の印鑑の取り扱いをやめる動きが小売業者の間で広がっている。国内取引が認められている象牙はワシントン条約で国際取引が禁止される前に輸入されたものだが、ゾウの密猟被害が続くなか、海外からの視線は厳しさを増している。消費者の好みも他素材へ向かい、「実印は象牙」といったこだわりは薄れてきている。

「仕入れ価格が高騰しているうえ、ゾウの密猟批判もあるので取り扱いをやめることにしまし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]