/

この記事は会員限定です

福島復興、米国の先進事例に学ぶ 大西康夫氏

東日本国際大学福島復興創世研究所長

[有料会員限定]

世界で最も大規模に放射能除染を行っているのは米国エネルギー省のハンフォード核施設(ワシントン州)である。核兵器の製造拠点として知られ、2090年までに15兆円を投じ、環境除染、8基の原子炉と4基の再処理工場の解体、放射能廃棄物処理などを進める計画だ。福島復興の参考になると思うので、同地の取り組みを紹介したい。

40年前、施設周辺は全米で最も放射能で汚染された地域で、地元リッチランドは全米2番目の過...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン