/

この記事は会員限定です

老後資金、取り崩しの公式 前半は定率、後半は定額で

[有料会員限定]

定年までに蓄えた資産をいくらずつ取り崩していけば、不安なく暮らしていけるかに注目が集まっている。一般的には、保有資産額を、自分の「平均余命」で割れば、今後の毎年の取り崩し額の見当がつく。しかし、人生100年時代を迎え、それよりも長生きしたときが心配だという声もある。どんなふうに備えればいいか探ってみた。

「蓄えた資産は毎年、どれくらいのペースで取り崩していってよいものでしょうか」。ファイナンシャル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1936文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン