/

この記事は会員限定です

外国人アルバイトの接客 苦手な日本語も武器になる

居酒屋の神様が教える小さな商売のコツ(第5回)

[有料会員限定]
日経トップリーダー
「居酒屋の神様」と言われる楽コーポレーションの宇野隆史社長。東京・下北沢の「汁べゑ」などの人気居酒屋を経営し、何百人もの飲食店経営者を育ててきた。外食一筋約50年の経験から、繁盛店を作る方法を指南する。

この頃は、コンビニでも飲食店でも店頭やフロアで外国の人が働いているのが当たり前になった。みんな流ちょうに日本語を話して接客してくれる。でもさ、オレは飲食店だったら、接客担当だって日本語ができる必要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2338文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン